Home » 勉強する, 発想の限界を超える » 小学校時代に考えた、「琥珀の作り方」を実現

小学校時代に考えた、「琥珀の作り方」を実現

category : 勉強する, 発想の限界を超える 2018.10.4 
Pocket

小学生の頃ノートに記した「人工こはく」を10年後に完全再現!
http://otakei.otakuma.net/archives/2018092504.html

このような記述がありました。

> ――作るために何か努力したことはありますか?
>
>  脱泡技術や温度・圧力の制御など、ノート5冊分ほど実験を行い、同じクオリティの作品を量産できるように技術を完成させました。
>
> ――子どもの頃の発想から今現在に役立っていることはありますか?
>
>  アイデアを思いついたときにメモしておき、機が熟したら実行する習慣は現在でも役に立っています。

アイディアは、・・・・・・
その場ではジャッジしちゃいけない。

『すぐに実行』

または
『メモしておく』

これは大事。

comment closed

体験会

アーカイブ

Sponsored by

Copyright(c) 2018 学びラボ ロボット教室 All Rights Reserved.