‘発想の限界を超える’ Category

[7月に発送した便りです]  ロボティクスプロフェッサー・コース(略称:ロボプロ)は、ロボット作りの基礎を学び、体験を通してロボット作りの考え方を身につけていく場です。  そして、自分にぴったりの「学び方」を発見して身に…続きを読む

「研究」関係の記事の紹介。 ご覧ください。 人は知ってることしか見えないhttps://www.ki1tos.com/entry/2020/06/23/174141

[7月の教室からのお知らせの文頭に書いた文章です]  先月も書きました。  子供たち、若い人たちも、失敗を気にせずチャレンジしやすい状況になっています。  その結果うまくいかなくても、   何度でもやればよいし、   「…続きを読む

[6月の教室からのお知らせの文頭に書いた文章です]  コロナ・ウイルスの感染拡大のペースが落ちてきていると報道されています。  それにともなって、緊急事態宣言の外出自粛要請がゆるめられてきています。  ですが、根本的な対…続きを読む

 前回のこのコラムのタイトル【ロボプロでの「勉強する」は学校と違っていい】で今回もいいと思ったのですが、内容はまったく違うので具体的なものにしました。  学びラボの、通ってくれているみんなのロボット発表会「学びラボCUP…続きを読む

 ロボット教室の生徒にどんな声掛けをしているか。私が実際にやってきたことを記します。  この便りをお届けしているロボティクスプロフェッサーコース(ロボプロ)のほか、ブロックのロボット教室でも講師をしています。  年長さん…続きを読む

ロボプロ:第3回ロボプロ全国大会報告 大会結果HP:https://kids.athuman.com/robopro/event/convention/2019/report/ ・テーマパフォーマンス部門 最優秀賞 作品…続きを読む

サンドウィッチマン&芦田愛菜の博士ちゃん|テレビ朝日https://www.tv-asahi.co.jp/hakasechan/#/ 君にも絶対に何か、得意技があるよね。 自信を持とう。

 お盆で実家に集まったとき、中1の甥から将棋を教わりました。  「相手の王をとれば勝ち、自分の王をとられたら負け」とは知っていましたが、  駒をどう並べるのか、  どうやったら相手の駒をとれるのか、  そもそも駒をどうや…続きを読む

体験会

アーカイブ

Sponsored by

Copyright(c) 2019 学びラボ ロボット教室 All Rights Reserved.